上野村のいたずらっこ
by yotacco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:ゆかしき結婚式( 19 )
婚礼の儀の引出物
b0209774_063783.jpgb0209774_071570.jpg

以前に紹介した、昔の引出物の定番「みじんこ菓子」。

式の前日に、南牧村の老舗菓子屋「信濃屋嘉助」さんが旧黒澤家住宅に届けてくれました。

b0209774_082353.jpg
鯛、松、竹、梅、海老、鶴、亀甲の7つのおめでたい形が組んでありました。

とっても素朴で、上品な味のお菓子です。昔のお菓子よりも小さいサイズですが、これは信濃屋さんの主人の想いでもあります。「昔は甘いものが大変貴重で、結婚式やお葬式で甘いものを持って帰ってくると家族みんなで分けて少しずつ食べた。今は食べるものが山ほどある時代になってしまい、大きいもので渡してもありがたみがなく、残して捨てられてしまうかもしれない。」

かつての味を、少しずつ大切に味わってほしいというご主人の気持ちでした。



b0209774_091192.jpg

南牧村へお越しの際には「信濃屋嘉助」へぜひ立ち寄ってみてください。

みじんこ菓子の「ミニたい」はいつでも店頭においています。
by yotacco | 2010-12-14 00:09 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)
結婚式のリハーサル
少しさかのぼって、リハーサルの日のこと。

11月16日の夜、式の流れやシーンごとの動き、セリフ(口上)の確認などの為

役のある方々を中心に旧黒澤家住宅に集まってもらいました。

お相伴さん、仲人さん、お給仕さん、お勝手師、雄蝶雌蝶、上野テレビなど25名ほど。

だだっ広い旧黒澤家の夜は、なにしろ冷え込みます。

そんな中、4時間近くも念入りの確認が続きました。

とにかく全員が初めてのことですが、村の人の記憶と資料を頼りに

特徴のある口上や、お給仕さんの動きなども細かく確認することができました。

b0209774_21304742.jpg
口上を述べるお相伴さんと、うしろに控えるお給仕さんたち

b0209774_21333787.jpg
50年以上前にお給仕さんをしたという、お勝手師のトシコさんから動きをおそわる
お給仕さんとお相伴さん。
by yotacco | 2010-12-06 21:38 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)
上毛新聞
群馬県の新聞といえば、上毛新聞です。

上野村の人も、ほとんどの家の人が上毛新聞だけをとっています。

その上毛新聞にも12/2に大きく紹介されました。

シーンごとに写真と説明を入れてくれています。ありがたいです。
b0209774_16524675.jpg

上毛新聞に載ったり、上野テレビで放送されるようになり、

結婚式を見ていない村の人たちからも

「おめでとう、よかったねえ。テレビで見て懐かしくって涙がこぼれそうだったよ」とか、

「昔の結婚式はああいうんだったんだねえ。初めてしったよ」とか、

「うちの娘も嫁に行くときは同じようにしてほしいわあ」とか、

いろいろな声をかけていただき、やってよかったなああと、思っています。
by yotacco | 2010-12-06 17:01 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)
結婚式のことが新聞に掲載されました。
11月22日 東京新聞。群馬の地域欄に大きく載せてくれました。
b0209774_18233934.jpg


11/23 朝日新聞。
b0209774_18255389.jpg


ありがたいことです。

写真ができたら、当日の様子と、上野村の昔の婚礼について紹介していきます。
by yotacco | 2010-12-04 18:36 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)
11月21日 秋晴れの結婚式
b0209774_22473920.jpg


準備を重ねて来た「上野村の、旧き、ゆかしき婚礼の儀」がついに再現されました。

たくさんの村の方々の協力を得て、無事、素晴らしい式となりました。

これまで村のおじいちゃん、おばあちゃんから聞き取ってきたかつての結婚式が

目の前で現実のものとなっていき、当日は夢を見ているような、

映画の中に入り込んだような、不思議な気持ちでした。

披露宴では、2日がかりで準備していただいたおごっつぉが、素晴らしい段取りで

次から次へと並べられ、上野村のかあちゃんたちのつながりの強さに感動し、

手拍子に乗せて歌われる余興に会場が盛り上がり、とにかく、多くの方の気持ちと力が

結集した一日に、ただただ感激するばかりでした。

もしかすると、この一日が生まれて初めて「感激した」ことかもしれません。

また後日、写真と一緒に解説をしていきたいと思います。


*写真は雄蝶と雌蝶による三三九度の盃
by yotacco | 2010-11-25 23:04 | ゆかしき結婚式 | Comments(6)
朝日新聞
11月16日、朝日新聞の群馬欄にこの度の婚礼の儀が紹介されました。
        ↑↑ クリック
b0209774_22164721.jpg

by yotacco | 2010-11-17 22:24 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)
ご心配をおかけした、「はよ」
無事、「はよ」を手に入れることができました。お腹が赤い、本物の「はよ」です。

新鮮な状態で届いた「はよ」を、さっそく炭火で6時間半かけて焼きました。
(6時間半付きっきりではないのでご心配なく…)

これを冷凍保存し、前日に骨まで食べられるように煮ます。

子孫繁栄の意味がある、「はよのお吸い物」を無事再現できそうです。

b0209774_2122840.jpg

by yotacco | 2010-11-15 21:03 | ゆかしき結婚式 | Comments(4)
迎え座敷
b0209774_20162592.jpg


10:00〜11:00 嫁迎え、迎え座敷

この度の婚礼の儀では、「迎え座敷」と「本座敷、村座敷合体版」の二座敷行います。

「迎え座敷」は花嫁の自宅に花婿一行が迎えに行った際のお座敷です。

今回、その迎え座敷をさせていただくのが上野村で一番古い旅館「今井家旅館」です。

築400年以上という歴史あるお宿。そこを私の生家と見立てています。

ここでのお座敷の後、今井家を出発し200メートルほど花婿を先頭に村を歩きます。

そして「本座敷」の旧黒澤家住宅へワープです。。。
by yotacco | 2010-11-14 20:25 | ゆかしき結婚式 | Comments(5)
おごっつぉの話し合い
b0209774_22281073.jpg

今回の婚礼の儀で、最も大変な、一大プロジェクトは

おごっつぉの再現です。当時は3日がかりで準備をしたというおごっつぉ。

今回は前日、当日の2日間で料理をしてもらいます。

その料理を担当してもらうのが、ここ野栗集落の女し(女衆)と

上野村や神流町に移り住んでいる若い女し(お友達)。その女しに集まってもらい

班分け、担当する料理、手順、材料等について話し合いをしました。

このおごっつぉを取り仕切っていただくお勝手師のトシコさんからの説明を受けて

細かい点は班ごとに決めてもらいました。

現実的になるにつれて、どれだけ大変なことかを実感する毎日ですが、

上野村のかあちゃんの味は、この婚礼の儀には欠かせないものです。
by yotacco | 2010-11-04 22:33 | ゆかしき結婚式 | Comments(4)
記録に残す
「上野村の旧き・ゆかしき・婚礼の儀」は、実際の式ではあるけれど、

撮影して記録に残すことも大きな目的のひとつです。

そこで、上野村が誇る!上野村のケーブルテレビUTVに協力してもらい、

準備段階から撮影をしてもらっています。

関係者の話し合い、お膳や着物をお借りするシーン、お料理の打ち合わせなどなど・・・

結婚式当日も、UTVクルー総出(3名)で撮影をしてくれます。

yotaccoもナレーションを考えたり、一緒に編集させてもらったりしています。
b0209774_11161092.jpg
b0209774_11172769.jpg
  迎え座敷 今井家旅館 の下見。
by yotacco | 2010-11-03 11:20 | ゆかしき結婚式 | Comments(2)


カテゴリ
最新の記事
最新のコメント
ブログパーツ
外部リンク
リンク
検索
記事ランキング
画像一覧